目の下たるみ奮闘記 >  40代…老け顔の原因は目の下のたるみ

40代…老け顔の原因は目の下のたるみ

アラウンドフォーティーって、私からするとあまり嬉しくない響きなんですよ。
いわゆるアラフォーといわれること。

40歳になってからでいいじゃないですか。フォーティーと呼ばれるのは。
まだ30代なのに無理矢理40代にとり込まれているような気がするんです。

ましてや、アラフォーなんて略されると、それって“粗が目立つ”フォーティー?
なんて自虐的なダジャレが頭に浮かんだりして……。

何をしても無理?もう、あきらめろってことなの?

冗談じゃないですよね。40代なんてまだまだ。
もちろん若い子のようなピチピチさを求めるわけにはいかないけれど、年齢と経験を重ねたことで、これからさらに美しくなる年代だと思うんです。

とは言うものの、悲しいかな年齢が体の表面に出てきてしまうんですよね。

私の場合は、目の下のたるみです。

たとえ、エクササイズで若々しいボディラインをキープしていても、
振り返ったら目の下がたるんだオバさんでは切なすぎますよね。

私、決意しました。まだあきらめない! って。いや、あきらめたくない!!

目の下のたるみを解消するために自分で出来ることは全てやろうと決めました。
これは私と、“たるみ”との戦いです。

勝負に勝つには、まず相手のことを知らなければダメですよね。
そこで、私が調べた“たるみの原因”、“たるみ対策”を皆さんにもお伝えします。

一緒に頑張りましょう!

コンテンツ一覧

ずっと若いままでいたい。多くの女性の夢ですよね。かくいう私も、いつまでも「実年齢より若く見られたい」と思っていました。いや、正確に言うと、「実年齢よりも若く見えている」っていう自信があったんです。でも、そんな自信は厳しい現実の前には全く意味がありませんでした。ある日のホームパーティーで言われた、後輩からの何気ない一言。それが私の根拠のない自信を瞬く間に崩したのです。

「先輩、なんだか疲れてません?」

自分でも知らないうちに、疲れが顔に出るようになったのか。はたまた自分でも知らないうちに、疲れているような顔に変化してしまったのか。いずれにせよ、これは私の顔に老化が始まっていることにちがいありません。その日から、私のアンチエイジングが始まったのです。下記のコンテンツでは私がどのようなアンチエイジングをしているのか、詳しく紹介しています。

  • 自分の年齢を意識した瞬間
  • 普段から自分の年齢を意識している人ってどのくらいいるのでしょうか? 私は知り合いから言われた一言があるまで、全然気にしていませんでした。普段から運動もしているし、出産してからも体型は変わっていません。流行にもそれなりに敏感。フィジカルもメンタルも、実年齢よりはぜんぜん若いって思っていたんです。でもある日、知り合いから「疲れてません? ため息が増えた気がしますけど」なんて言われちゃって……。自分でも気づかないうちに、年齢の影響が出ていたみたいなんです。『疲れた顔』、というのがきっと年齢の影響なんでしょうね。じゃぁ、その疲れた顔の原因ってなんなんだろう? そう考えることから、私のアンチエイジングの日々が始まりました。

  • 化粧品が原因?
  • 調べていくうちに、年齢を感じさせる『疲れた顔』の原因は目の下のたるみにあることが分かりました。今までも自分の見た目を若く感じさせるようなお化粧は意識していたんですが、どうやら目の下はもっと重点的にケアをしないといけないようです。そこでどんなメイクがあるのかなと調べていたんですが、調べていくうちになんと衝撃の事実を知ることになります。なんと、メイクそのものが目の下のたるみの原因になっているようなんです。ってことは、私が今までしていたことは逆効果だったってこと!? 落ち込む私でしたが、調査を続けるとさらに興味深いことが! 今まで目の下のたるみの原因だったお化粧で、今度は目の下のたるみをケアすることができるらしいんです。

  • 紫外線が原因?
  • お化粧によって目の下のたるみをケアすることができると分かった私ですが、目の下のたるみはお化粧だけが原因ではありません。言ってしまえば、肌への刺激全てが原因とも言えます。とくに肌への刺激物としてとくに有名なのが、紫外線ですね。私も日ごろから紫外線には気を付けていましたが、それも年をとってからの話。私が若かった頃なんかはこんがり焼けた小麦色肌が女の子の間でブームでしたし、私も年相応の女の子らしく、そのブームに乗っかって肌を小麦色に焼いていました。おそらく、その時にたまったツケが、いま目の下のたるみとして出て来てしまっているんでしょうね……。しかも、紫外線というのは調べれば調べるほど奥が深い! 2種類の紫外線があったり、おのおのに肌に与える悪影響があったり。今回は紫外線の怖さと紫外線対策についてまとめました。

  • 睡眠不足?睡眠の質に問題あり?
  • 学生時代は遊びと勉強で、大人になってからは仕事と家事で忙しい日々が続いていました。言い換えれば、自分はいつからか、ぐっすりと質の良い睡眠をとっていないんです。睡眠は脳を休め、身体の壊れてしまった細胞を修復するための時間です。そして肌のたるみは、壊れてしまった肌の細胞が修復されなかったせいでおこるんです。これを解消するには、しっかりと寝る以外にありません。ただし、睡眠と言っても、ただベッドや布団で横になっていれば良いわけではないんです。とくに意識したいのは、肌のゴールデンタイムと呼ばれる時間帯に寝ること。また、肌の再生を促すような耐え食生活が重要です。以上の二つ以外にも注意すべき点はあります。それらも包めて、上のコラムで書いたことを確認しましょう。

  • 食生活に問題あり?
  • お化粧、睡眠と改善をしていくことで始まった私のアンチエイジングですが、とうとう次のステップに移行することになりました。次の改善は、食生活です。私たちの身体は、普段食べているもので出来ています。偏った食生活ばかりしていれば栄養も足りなくなり、老化が進むというものです。肌のたるみを防ぐには、真皮のコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸といった組織が元気で居続ける必要があります。普段からバランスを心がけた食事が必要なのです。また、栄養が偏ると身体の中で脂肪が蓄えられ、それが目の下のたるみなどに繋がってしまいます。綺麗な肌を維持し続けるには、どんな食事が、栄養素が大事なのでしょうか? この項目ではアンチエイジングのために大切な食事について掲載しています。

  • マッサージは逆効果だった!?
  • たるんでしまった顔の肌を元に戻すため、いろいろな方法を実践してきました。生活全般の改善をしてきたわけですが、次に私が注目したのは『マッサージ』です。エステなどでも顔のマッサージをして肌のツヤとハリを取り戻そうっというコースがあったりしますよね。なんでもマッサージで血行を良くしたり、しぼんでしまった肌を伸ばす効果があるのだとか。私もそれを聞いて自宅でできる顔のマッサージを取り入れたりしました。しかし後日、なんと私がやっていたマッサージが、目元のたるみには逆効果だと分かったのです。実は目の下のお肌は厚さ僅か1mm以下の、超デリケートゾーン。マッサージはもちろん、ちょっと目をこするだけで肌の細胞が壊れてしまうのです。今回は目元のたるみに効く、マッサージに変わる対処法をご紹介します。

  • 間違った洗顔方法が原因
  • 常に外気に晒されている顔の肌は、紫外線や埃、排気ガスや花粉といった刺激物の影響を受けています。それにより顔の肌は、乾燥したり、汚れが蓄積したりするのです。これらの問題を一度に解決できるのが洗顔。洗顔することにより肌の汚れを落としつつ、乾燥した肌に潤いを与えることができます。しかしこの洗顔、やり方を間違えると逆効果になってしまうのってご存知ですか? 顔の肌は身体の中でもかなり薄いのです。ですので些細な刺激にもダメージを受けてしまいます。また、洗顔することで顔の肌に必要な分の皮脂も落としてしまうと、さらなる感想や肌荒れに繋がってしまいます。顔・目の下のたるみのアンチエイジングについて語って来たこのコラムですが、最後は「今日からできる、肌に優しい洗顔方法」をご紹介したいと思います。私が実際に使ってみて良いと思った、洗顔アイテムと一緒にお試しください。

まとめ

以上が私のマル秘アンチエイジング方法です。いかがだったでしょうか。もしかしたら、読んでくれた皆様の中にも、シンパシーを感じてくれた方がいたのではないでしょうか。そうだったらとても嬉しいです。

老化は私たち誰しもが通る道です。今回集中的にとりあげた目の下のたるみの他にも、目尻のシワにほうれい線、シミやそばかす、顔の全体的なたるみと乾燥。これらが少しずつ重なることで、私たちの老化は進んでいくのです。今回は目の下のたるみを中心にアンチエイジング方法を紹介しました。しかし、アンチエイジングの精神はこれだけで消えるものではありません。今後も顔全体のアンチエイジングを紹介していき、実践してくれる人々に自信と美しさが備わった人生を提供できたらなと思っております。

目の下たるみ・クマ手術の
オススメ美容外科クリニック
3選を発表!

  • セオリークリニック

    BEST3
    公式サイトを見る

    一人ひとりの悩みに、オーダーメイドな施術方法を提案してくれます。ノーダウンタイムで美しい仕上がりになるよう、院長である筒井医師が施術後もしっかりサポート。

  • 銀座みゆき通り美容外科

    BEST3
    公式サイトを見る

    結果にこだわるのはもちろんのこと、患者さんとのコミュニケーションや丁寧なサービスを心がけているのが特徴です。

  • オザキクリニック

    BEST3
    公式サイトを見る

    オザキクリニックはオリジナルのコスメサプリを独自開発。ホームケアにも力を入れているクリニックです。