自分の年齢を意識した瞬間

40代…老け顔の原因は目の下のたるみ

年をとった自覚はありますか?

気がつけば38歳。すっかりアラフォー世代です。
でも、自分では同い年の人に比べて若いと思っています。 正確に言うと、思っていました。

主人と一緒に週1回のペースでテニスを楽しんでいるおかげか、体力が落ちている実感はありませんし、スカートやジーンズのウエストサイズも、出産後の20代後半から変わっていません。
いまのところ白髪もありません……と思います。

精神的な部分でも、自分ではおばちゃんの部類には入らないと思うんですよ。
お友達は「ほら、あの人、え〜となんだっけ」と、アイドルやお笑い芸人の名前が出て来ないことが多いんですけど、私はそんなことないんですよ。

まあ、アイドルやお笑い好きだからってこともあるんですけどね。
そんな感じなので、アラフォー世代なんて言われても、「私は別よ」なんて気持ちでいました。

自分は実年齢よりも若いつもりだったんです。

少なくても年をとった自覚は全くありませんでした。
ところが、他人からの言葉で、否応無く年齢を自覚する事件が起きてしまったんです。
 

ため息が増えていませんか?

ある日、自宅に大学時代のサークルの後輩たちが遊びに来たんですね。
年に数回、私の家で集まるのが恒例になっていて、
料理を持ち寄ってホームパーティーをしているんですよ。

ワインと料理に舌鼓、話に花が咲いた楽しい時間はあっという間に過ぎ、そろそろお開きの時間になりました。

片付けものをしてから、みんなを見送ろうと思って私がキッチンで洗い物をしていると、後輩の一人が手伝いに来てくれたんです。
そのときです。後輩が

「先輩、なんだか疲れてませんか?」

と言うんです。

「えっ、どうして? 疲れてるように見える?」
「だって先輩、何度もため息つくんですもの」

ため息をついている自覚は全然なかったので驚きました。

「うそ? 私、ため息ついてた?」
「ええ、何度も。先輩が疲れてるようだから早めにお開きにしようって、みんなと話してたんですよ。それに……」
「それに、何?」
「疲れた顔してるなぁって……」

ショックでした。

確かにパーティーの準備で午前中からバタバタと動きまわってはいたけれど、疲れてるなんて意識はなかったのに……。

もしかして、これが年を感じるってこと?
アラフォーって、こういうことなの?

若いつもりでいたのは自分だけで、周りから見ると年相応、あるいはそれ以上に 感じていたのかもしれないですね。

でも、そんな事実を受け入れてしまったら、この先どんどん老け込んでしまう。
このままじゃいけない!
遅ればせながら、後輩の言葉に奮起し、その日を境に私もアンチエイジングに取り組む決意をしました。
 

目の下たるみ・クマ手術の
オススメ美容外科クリニック
3選を発表!

  • セオリークリニック

    BEST3
    公式サイトを見る

    一人ひとりの悩みに、オーダーメイドな施術方法を提案してくれます。ノーダウンタイムで美しい仕上がりになるよう、院長である筒井医師が施術後もしっかりサポート。

  • 銀座みゆき通り美容外科

    BEST3
    公式サイトを見る

    結果にこだわるのはもちろんのこと、患者さんとのコミュニケーションや丁寧なサービスを心がけているのが特徴です。

  • オザキクリニック

    BEST3
    公式サイトを見る

    オザキクリニックはオリジナルのコスメサプリを独自開発。ホームケアにも力を入れているクリニックです。

目の下のたるみ解決 クリニックランキング目の下のたるみに悩む人集合!座談会レポ施術を受けたらどうなった!?