食生活に問題あり?

40代…老け顔の原因は目の下のたるみ

食生活が目の下たるみをつくる・・・?

私が若いころは、食べたいものを好きなだけ食べるというライフスタイル。まったくといっていいほど美容やアンチエイジングには無関心でした。

若くて新陳代謝も活発なときは、少々ムリをしてもお肌はツヤツヤでハリがあったし……まさか自分が老化するなんてことはないと、漠然と思っていたんです。

でもそんなことありえないですよね。年を取った今では、目の下たるみなどお肌のいろんなところに老化が見えてきて、正直焦っています……。

そこで一念発起して、アンチエイジングについていろいろ調べてみることにしたというのが事の始まり。そうやって調べているうちに、大事なことに気がつきました。

それは、「目の下たるみは食べ物も関係している!」という事実。食事は体の健康はもちろんのこと、キレイで若々しいお肌にも影響するんですね。

インスタントラーメンやコンビニ弁当など栄養の偏った食事をしていませんか?もしかしたら、悩みの種になっている目の下たるみは、アンバランスな食事に問題があるかもしれません。

目の下のたるみと食生活が関係するワケ

目の下たるみと食生活は、一見関係がなさそうにも見えますよね。でも、実はじつは大いに関係しているものなんです。

お肌がたるんでくるのは、ハリやツヤを保っている真皮のコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸といった組織が元気をなくしているから。これらの組織がイキイキと機能するためには、原料となるタンパク質や、組織を生成したりお肌の細胞を生まれ変わらせたりするビタミンやミネラルが必要です。

こうした栄養素が足りないと、お肌はハリやツヤをなくし、どんどんしぼんでしまいます。その結果、お肌が重力に逆らえずに下がってしまい、目の下たるみなどを引き起こしてしまうんです……。

こうした栄養が摂れないものばかり食べていたのが私。本当に後悔中です。

また、栄養が偏ると人の体はエネルギーを蓄えようとして、脂肪をため込んでしまいます。蓄えられた脂肪は体だけではなく、目の下にもどんどんたまっていくんです。

これが栄養不足でハリやツヤをなくしたお肌と重なり、目の下のたるみにつながってしまうんです。

この老化のスパイラルを断ち切るために必要なのは、必要な栄養素を食べ物でしっかり摂り、新陳代謝を活発にして細胞のターンオーバーを促すこと。

そのためには、食生活を整えることがとっても大事になるというワケなんですね。

目の下のたるみ予防・改善に効果のある栄養とは?

目の下たるみなどのお肌の老化を防止するためには、食べ物に含まれる栄養素が深く関係していることはわかりましたね。

毎日の食事において栄養素をバランスよく摂れば、お肌も若々しく保つことができます。そして、お肌にいい栄養素を摂ることで、お肌だけではなくその他の体の調子もよくなって内側からキレイになることも期待できるでしょう。

でも、具体的にどういった栄養素を摂れば目の下たるみなどを改善できるのでしょう?

ここからは、お肌を健康に導くために必要な栄養素について調べたことを紹介します。

肌のターンオーバーを活性化するビタミン類

お肌が健康で若々しい状態を保つためには、なによりまずお肌の細胞を新しいものと入れ替えるターンオーバーの働きを正常にすることが必要。

その働きを助けるために欠かせない栄養素がビタミン類です。ビタミンにもいろいろ種類があって、お肌のために役立ってくれる働きの特徴があるって知ってました?

ビタミンA

まずはビタミンA。このビタミンの役割は、主に以下のようなものです。

  • 皮膚や粘膜を強くして免疫力を上げる
  • 新陳代謝の活動を活発にしてくれる
  • 目の網膜の働きを維持し、視覚を正常にする など

この中で、特にお肌に関係があるのは皮膚を強くして健康に保つ作用、そして新陳代謝を高める作用ですね。

皮膚が強くなることで外部からのダメージを受けにくくなり、新陳代謝がアップすればお肌のターンオーバーの促進に役立ちます。

体内のビタミンAが不足してしまうとお肌が乾燥しがちになるだけではなく、細胞の生まれ変わりが鈍るので古い細胞がお肌にとどまり固くなってしまうんです。そのため、たるみ対策にとっても重要なビタミンなんですね。

ビタミンAとしてよく知られるのは、動物性の食べ物に含まれるレチノールです。脂溶性の性質があり、脂肪を多く含む動物から摂取できます。

ただし、動物性の食べ物ばかり食べていると脂質過多となってしまうので、注意してください。

そこで、緑黄色野菜に多く含まれるβカロテンの摂取がおすすめ。βカロテンは緑黄色野菜の色を構成する色素であり、体内でビタミンAに変換される成分です。

こうした成分はプロビタミンAと呼ばれています。体内でビタミンAが足りているときは、ビタミンAに変換されないので、摂取量を気にしなくてよいのもうれしいポイントです。

ビタミンB

ビタミンBと一口にいってもたくさんの種類があるってご存知ですか?

ビタミンB群」なんて呼ばれることもあるんですが、その内訳は以下のような8つの種類です。

  • ビタミンB1

    皮膚や粘膜を健康に保つほか、糖質代謝にも役立つ栄養素です。

  • ビタミンB2

    皮膚や粘膜の細胞の修復や、お肌に悪影響を及ぼす過酸化脂質を分解します。

  • ビタミンB6

    タンパク質の合成に役立つ栄養素で、お肌の新しい細胞を作り出すものです。

  • ビタミンB2

    後にあげる葉酸とともに、新しい細胞を作るために機能します。

  • 葉酸

    ビタミンB12とともに細胞の生まれ変わりを助ける成分です。

  • ビオチン

    脂肪酸やアミノ酸を合成して、お肌の原料となるタンパク質などを作り出します。

  • ナイアシン

    皮膚や粘膜の働きを整えるほか、血流を促進させる働きを持つものです。

  • パントテン酸

    体内の抗体を作り出し、免疫機能を活性化させる効果があります。

これらビタミンB群がうまく働くことで、お肌の細胞が活発になってお肌のターンオーバーを促進させられるんですね。そしてビタミンB群は、豚肉や魚、豆類や乳製品なんかで摂ることができますよ。

また、ビタミンB群は水溶性のため摂りすぎても問題はありません。

ただし、ビタミンB6や葉酸、ナイアシンを摂り過ぎには注意してください。神経症状や内臓器官の障害を起こすことがあるため、厚生労働省で摂取上限量が決められています。

ビタミンC

ビタミンCは、美容成分としてよく知られていますよね。

では、実際にビタミンCがお肌にもたらすいい働きを紹介しましょう。

  • コラーゲンの生成を活性化する

    お肌のハリやツヤを保つためには、真皮内に存在するコラーゲンが十分に満たされていることが条件。ビタミンCは、タンパク質を合成してコラーゲンを作り出すのに役立ってくれます。

  • 活性酸素を除去する

    活性酸素は、増えすぎるとお肌をはじめとして体内の細胞を攻撃して組織を酸化させる物質。 ビタミンCは、過剰に増えた活性酸素を除去して細胞を壊すのを防いでくれる働きがあるんです。

  • 免疫力を向上する

    ビタミンCは皮膚や粘膜を強くし、免疫力をアップさせてくれます。これによって、お肌が外部からの攻撃を受けにくく健康な状態を保てるんです。

こうしたうれしい働きがあるビタミンCは人間の体内では生成されず、水溶性の性質であることから余った分は尿と一緒に体外に出て行ってしまうんです。

なので、食べ物から効率よく摂取することが大事。おすすめは柑橘類やキウイフルーツ、いちごなどの果物のように、できるだけ調理せずにそのまま食べられるもの。

よく芸能人やセレブがフルーツを食べたり、スムージーを作ったりしていますが、こんな秘密があったというワケです。

ビタミンE

ビタミンEは最近注目が集まっていて、美容に取り入れる人も多いですよね。

ビタミンEには下記のような効果があるといわれています。

  • 活性酸素を除去する

    ビタミンCと同様、ビタミンEにも活性酸素を除去して体内の細胞を守る強い働きがあります。目の下のたるみの原因のひとつに、活性酸素による細胞の破壊がありますから、活性酸素を取り去ってくれる効果はうれしいもの。

  • ホルモンバランスを整える

    またビタミンEは、女性ホルモンの分泌を促すこともできます。年を重ねると少なくなりがちな女性ホルモンを調整することで、女性らしい若々しさを保てるんです。女性ホルモンはお肌の健康にも役立っているといわれますから、摂取して損はありませんね。

ビタミンEが多く含まれる食べ物としては、アーモンドがダントツだといわれています。そのほかには、ピーナッツやウナギ、アボカドなど。

意識しないとなかなか摂取できないものなので、注意してレシピを考えるようにしてくださいね。

肌のハリをつけるタンパク質

私たちの体を作る成分は大半が水分で、その次に多いのがタンパク質とされています。だからタンパク質は、お肌はもちろんのこと全身の組織を作るもとになる栄養素なんです。

タンパク質をしっかり摂ることは健康でハリのあるお肌を作ることにつながるので、目の下たるみなどが気になっている人は、ぜひ摂っておきたいですね。

タンパク質は、神経系の働きやホルモンバランスも整えてくれるので、体の不調に悩んでいる人にもおすすめ。

逆にタンパク質が不足してしまうと体にいろいろな悪影響が出てしまいます。たとえばお肌のことでいえば、新しい細胞が作られにくくなるのでお肌のターンオーバーが正常に行われなくなってしまいます

さらに、コラーゲンも減少して目の下たるみなど老化の原因に。

また、内臓の働きが悪くなることで老廃物がうまく排出されなくなり、むくみや疲れやすさを引き起こすことにもつながるんです。

タンパク質はお肉や魚などに多く含まれています。しかし肉や魚は脂質も多いので、体型が気になる方は、比較的カロリーの少ない鶏のささみや大豆製品を利用するのがおすすめですよ。

栄養素をサプリメントで摂取するのもアリ?

必要な栄養素や食べ物を摂ろうとしても、時間がなかったり全部の食べ物を食べたりするのは難しいかもしれません。そんなときには、サプリメントをうまく活用するのがいいでしょう。

サプリメントには、特定の栄養素を集中して摂れるものからマルチビタミンやミネラルのように、栄養素をバランスよく摂れるものなど、いろいろな種類がありますよね。こうしたサプリメントで食事に足りない栄養素を補いましょう

ただし、ビタミンAやB群の一部は、摂りすぎると体調不良を引き起こすことがあるので注意してくださいね。

そして、サプリメントの摂取が有効といっても、栄養素の摂取がサプリメント中心になってしまっては本末転倒です。あくまでサプリメントは食事の補助と考えて、食後に必要な分だけを摂るようにしてください。

タンパク質の摂取にはプロテインもおすすめです。プロテインは筋肉増強のためのものと思いがちですが、要はタンパク質なので、お肌の組織を作り出すのにも役立ちます。

これを機会に、お肌のためにプロテインを摂るついでに運動をすれば、効率よく体の調子を整えられるかもしれませんね。

私は趣味のテニスをする前にプロテインを摂るようにしてますよ。これでお肌がキレイになるならラッキーですよね。

深刻なたるみはクリニックがいいかも

私のように目の下たるみなどのお肌の老化が気になっている人にとっては、食事がとても大切です。食べ物によってお肌のターンオーバーが正常になって若々しいお肌が手に入るなら、こんなうれしいことはありませんね。

でも、目の下たるみなどのトラブルが深刻化してしまったら、食べ物だけではなかなか解決できないもの……。

そんなときは、思い切って美容外科クリニックの力を借りて、スッキリと悩みにサヨナラするのもいいかもしれません。

目の下たるみ・クマ手術の
オススメ美容外科クリニック
3選を発表!

  • セオリークリニック

    BEST3
    公式サイトを見る

    一人ひとりの悩みに、オーダーメイドな施術方法を提案してくれます。ノーダウンタイムで美しい仕上がりになるよう、院長である筒井医師が施術後もしっかりサポート。

  • 銀座みゆき通り美容外科

    BEST3
    公式サイトを見る

    結果にこだわるのはもちろんのこと、患者さんとのコミュニケーションや丁寧なサービスを心がけているのが特徴です。

  • オザキクリニック

    BEST3
    公式サイトを見る

    オザキクリニックはオリジナルのコスメサプリを独自開発。ホームケアにも力を入れているクリニックです。

目の下のたるみ解決 クリニックランキング目の下のたるみに悩む人集合!座談会レポ施術を受けたらどうなった!?