目の下のたるみに効く料理

自宅でできる目の下のたるみケア

ゴーヤチャンプルーは理想的!

美肌作りに効果的な料理といえば、コラーゲンを豊富に使ったものですが、目の下のたるみ予防と改善を目的とするなら、さらにビタミンA、ビタミンB郡、 ビタミンC、βカロチンを多く含んだ料理を積極的に摂るよう心がけましょう。

そこで私がおススメしたいのが、長寿料理として知られる沖縄料理。

その中でも、最近は一般家庭で作られる機会も多い、ゴーヤチャンプルーです。
ゴーヤチャンプルーに使用する食材には、コラーゲンは別として、ビタミンA、B郡、Cの全てが入っています。

材料は、ゴーヤ、豚肉、豆腐、卵。お好みで少量のモヤシやキャベツを使ってもいいでしょう。
本場のゴーヤチャンプルーはスパムと呼ばれるコンビーフ風の豚肉を使用しますが、塩分が高めなので、豚のバラ肉を使った方が良いと思います。

まず、メインとなるゴーヤはビタミンCが豊富。
しかも、ビタミンCは極端に熱に弱いので、加熱するとほとんどがなくなってしまいますが、ゴーヤは別。

加熱調理しても半分以上のビタミンCが残るそうなんです。

また、豚肉はビタミンB郡の宝庫として知られていますが、実はビタミンAも多いんです。
卵にもビタミンAが含まれる。

大豆から作られる豆腐もビタミンBを多く含んだ食材です。
それに加えて、ゴーヤチャンプルーが炒め物である点も理想的なんですよ。

と言うのも、ビタミンAは脂溶性(油脂に溶ける性質)なので、油を使って調理すると 摂取効率がアップするんです。

健康に良いだけではなく、目の下のたるみにも効くゴーヤチャンプルー。
沖縄の人々が長寿で健康な理由が判るような気がしませんか?

沖縄料理はすごい!

私が沖縄料理好きなものですから、自分好みの料理ばかりを紹介して申し訳ないのですが、ゴーヤチャプルー以外にも沖縄料理には、目の下のたるみに効果的な料理があるんです。

ラフテーってご存知ですか?
簡単に言えば、沖縄風・豚の角煮。
かつては琉球王朝の宮廷料理でもあった、沖縄の豚肉料理の代表です。
これもビタミンBがたっぷり。アミノ酸も多く含まれています。

コラーゲンを摂取したいのなら、てびち。柔らかく煮込んだ豚足料理です。
これはコラーゲンとビタミンB郡を一緒に摂れますね。

それと、私も最近知ったんですが、沖縄の家庭料理で欠かせないのが、にんじんしりしり。
細切りのにんじんをごま油で炒め、酒としょう油で味付けして、最後に卵を混ぜるだけの簡単料理なんですが、 これがとっても美味しいんです。

にんじんと言えば、βカロチンを多く含んだ食材として有名ですよね。
ああ、紹介してるだけでお腹が空いてきた。(笑)

目の下たるみ手術のオススメ
美容外科クリニックBEST5を発表!

  • セオリークリニック

    BEST1
    公式サイトを見る

    一人ひとりの悩みに、オーダーメイドな施術方法を提案してくれます。ノーダウンタイムで美しい仕上がりになるよう、院長である筒井医師が施術後もしっかりサポート。

  • 聖心美容クリニック

    BEST2
    公式サイトを見る

    総合的な美容医療を目指したいと、名前を「聖心美容外科」から「聖心美容クリニック」へ。メールや電話での相談、カウンセリングは無料でおこなっています。

  • 銀座みゆき通り美容外科

    BEST3
    公式サイトを見る

    結果にこだわるのはもちろんのこと、患者さんとのコミュニケーションや丁寧なサービスを心がけているのが特徴です。

  • SOグレイスクリニック

    BEST4
    公式サイトを見る

    脳外科医の知見を活かした治療に定評があるクリニック。全国から患者が来るほどの評判の高さです。

  • 東京イセアクリニック

    BEST5
    公式サイトを見る

    クリニックコンセプトは、患者様のためになることは何なのかを考えて行動すること。マニュアルではなく、常に最適なサービスや治療法を考えています。

私が選んだ目の下のたるみ取りクリニックBEST5
目の下のたるみ解決 クリニックランキング目の下のたるみに悩む人集合!座談会レポ施術を受けたらどうなった!?