正しい洗顔をする

自宅でできる目の下のたるみケア

スキンケアの基本は洗顔にあり

ニキビや肌荒れ、吹き出物などの肌トラブルを抱えている人、その逆で透きとおるような美肌の人であっても、スキンケアの基本として考えているのが洗顔。

これは、目の下のたるみ予防・改善にも言えることです。

ここではサイトや美容雑誌から情報を得て、私が行っている洗顔法をご紹介したいと思います。

まず、朝の洗顔。
ぬるめのお湯で数回、顔全体をやさしく洗います。
洗うと言うよりも、お湯で顔を湿らせるような感じです。
こする必要はありません。

ポイントは冷たい水ではなく、ぬるめのお湯であること。
冷たい水は毛穴を収縮させてしまいますが、ぬるめのお湯を使うと毛穴が開き、寝ている間に溜まった皮脂が外に出やすくなるんです。

次に、洗顔料を使って隅々まで洗う。
このときも顔をゴシゴシこすらず、泡で顔をやさしく包み込むような感覚で 洗ってください。
毎日のことですから何も高価な洗顔料を使う必要はありませんが、なるべく泡立ちの良い製品が良いかもしれません。
あまり泡が立たないと、つい力を入れてこすってしまいますからね。

そして夜の洗顔。
長時間のメイク、ほこりや汗によって肌はかなり汚れた状況にあります。
結婚前、飲んで帰って来たときなどは面倒くさくなって、顔を洗わずに寝てしまったことが何度もありましたが、いま考えると恐ろしいですね。

ただでさえメイクをしていると化粧品の油分が汚れを吸着させてしまうので、スッピンでいるときよりも汚れはひどいんですから。
しかも、化粧品に含まれる油分は、目の下のたるみの原因でもあります。
だからこそ夜の洗顔は朝以上に大切なのです。

お勧めしたいのはダブル洗顔。
まずはクレンジング剤で洗顔し、化粧をしっかり落とす。
このときも水ではなく、お湯を使ってください。
さらにもう一度、顔に残ったクレンジング剤と、浮き出した皮脂をとるために 洗顔料で洗います。

手軽さから、クレンジング剤が含まれたコットンが最近人気を呼んでいますが、あれはメイクを落とす力は強くても、皮膚の汚れまでは取り除けません。
使用後は面倒でも、洗顔料を使って、しっかり汚れを洗い流してください。

また、洗面器や洗面台にお湯を貯めて洗顔すると、すすぎの際に汚れたお湯を使うことになってしまうので意味がありません。
状況が許すのであれば、シャワーを利用するか、すすぎの時だけでも蛇口からお湯を 流し続けるようにしてください。
 

目の下たるみ手術のオススメ
美容外科クリニックBEST3を発表!

  • セオリークリニック

    BEST1
    公式サイトを見る

    一人ひとりの悩みに、オーダーメイドな施術方法を提案してくれます。ノーダウンタイムで美しい仕上がりになるよう、院長である筒井医師が施術後もしっかりサポート。

  • 東京イセアクリニック

    BEST2
    公式サイトを見る

    院長の吉種医師は、美容外科医として25年の経歴を持ち、多くの患者が信頼を寄せています。イチオシな施術方法は、トラコンハムラ法。

  • 聖心美容クリニック

    BEST3
    公式サイトを見る

    総合的な美容医療を目指したいと、名前を「聖心美容外科」から「聖心美容クリニック」へ。メールや電話での相談、カウンセリングは無料でおこなっています。

私が選んだ目の下のたるみ取りクリニックBEST3
目の下のたるみ解決 クリニックランキング目の下のたるみに悩む人集合!座談会レポ施術を受けたらどうなった!?