アイラインを上手にひく方法

メイクでできる目の下のたるみカバー法

アイラインの効果について

目の下のたるみに悩み抜いてたどりついた「アイライン」

アラフォーと呼ばれる年齢になって、ふとしたきっかけから肌の衰えに気づき、アンチエイジングに力を入れてきました。いつまでも若々しくいたい……そんな切ない気持ちを拭うために、これまでの人生にないくらいの情熱を注いでいます。

特に気になっていたのが、目の下のたるみ。もちろんエイジングケアはしていますが、なかなか目元は改善が難しく、疲れた印象を与えてしまっていたみたいです。そこで考えたのが、「とりあえず即効性のあるメイクで隠せないか?」ということ。どうやったらごまかせるか、自分なりに工夫することにしました。

まずトライしたのは、目の下のたるみを目立たせないために、ほかのパーツを印象づけるメイク方法です。マスカラやアイライン、つけまつ毛などをたっぷりと使って、チーク、リップも濃いめに。これで解決!と思いきや、鏡に映ったのは女子プロレスラーさながらの激烈メイクでした……。

研究してたどり着いた目の下をカバーするメイク

目の下のたるみを隠そうとしたはずが、手痛い結果に。これではマズイと思い、メイクの研究をし直すことにしました。失敗から学んだのは、「濃いメイクでカバーしようとすると、痛い中年女になってしまう」ということ。自然に目の下のたるみをカバーするメイクを研究し続けた結果、やっとたどり着きました。最終的な私のメイク法を紹介しますね。

黒のリキッドを太く塗るのはNG!

アラフォー世代がついやってしまうのが、黒のリキッドアイライナーをバッチリ塗ってしまうこと!まぶたのたるみや老け顔が気になりだし、「目を大きく見せたい」「たるんだフェイスラインをはっきりさせたい」と、やりがちなメイク方法です。ですが、濃いアイラインは老け顔を助長するだけで、ちっとも良いことはありません。

私自身、昔からのクセで黒の太いアイラインやブラウン系のグラデーションを選びがちでした。でもそれで目がパッチリと見えるのは、若いころだけの話。30代になってたるみが始まると、黒や太いアイライナーはたるみを際立たせます。はっきりとしたメイクで若々しい目元を目指していたはずが、フレームを作ることでアイラインが悪目立ちして、余計に目を小さく見せてしまうんです。

下のまぶたはリキッドで!

アラフォーになったら、アイライナーのカラーは黒ではなくブラウンにシフト!柔らかく、ナチュラルな印象に仕上げます。黒では悪目立ちしてしまうフレームも、ブラウンなら自然です

ここでポイント!上のまぶたに使うのはリキッドではなく、ペンシルタイプのアイライナーを使ってみてくださいね。反対に、下のまぶたはリキッドタイプにすることで厚ぼったい印象を避けましょう。「下はリキッド、上はペンシル」と使い分ければ、大人の女性のナチュラルアイメイクが完成です!

アイラインは細い筆で黒目の上から

ペンシルタイプのアイライナーではなく、どうしてもリキッドを使いたい場合には、筆先が細いものを選ぶようにすること。目の周りにたるみが現れるアラフォー世代は、アイラインがうまく引けない!なんてお悩みを持つことも増えますよね。そこで、筆先の細いアイライナーの出番なんです。

コツとしては、目頭から目尻へ向かうのではなく、黒目の上から目尻へ引き、また中心に戻って目頭へ引いてみてください。一度に描こうと思わないで、点と点をつなぐようにチョンチョンとまつ毛の隙間を埋めていくとキレイに仕上がりますよ。

上まぶたのたるみを取るのも大切

目の下がたるんでいると、メイクのときもそこばかり気になってしまいますよね。ただ、お顔が老けて見える原因は目の下のたるみだけではないのかも……。じつは上のまぶたも年齢とともにたるみが始まっていることが多く、疲れた印象を作ってしまいます。つまりメイクでは、目の周囲全体を考えることが大切なんです。

上まぶたのたるみでアイメイクがキレイに仕上がらない、よれてしまう方は、先にパウダーを乗せて皮脂を抑えてみてください。アイシャドウを塗る部分だけでなく、アイラインを引くまつ毛のキワまで丁寧にパウダーを乗せると、アイメイクはよれにくくなりますよ。

アイシャドウにも気を使って

ブルー、グリーン、ピンク……アイシャドウの色ってついつい悩んでしまいますよね。アイメイクを成功させるためには「シンプルな色使い」がポイントです。30代は、特にアイメイクのよれが気になりだす年齢。色を重ねてグラデーションを作ると、色同士が重なって、よれが目立ちやすくなります。

メイクをキープするには、パレットの一番明るい色を全体に乗せて、二重幅だけに引き締めカラーを乗せること。シンプルに仕上げれば、崩れは目立ちにくくなります。アイホールにはまぶたが明るくなるような色を選んで、二重幅は濃いめのブラウンやグレーなどを使いましょう。

それと、アイシャドウはパウダータイプではなくクリームタイプを選んだ方がキレイに仕上がります!密着度が高く、指でラフに仕上げることができるので楽チン。ラメの少ない、スモーキーな発色のものならなお良しです!

ちょっとした工夫でメイクもしやすく

バッチリとお化粧をしたはずが、出先でふと鏡を見たときには、もう目元のたるみが目立っていることってありませんか?ショックですよね……。目の下の皮膚は薄く繊細ですが、ちょっとした工夫でメイクがしやすくなり、仕上がりも見違えるもの。普段、目を酷使している方には特に大切な、メイク前の工夫をご紹介しますね。

メイク前に目の下を温める

目の下の皮膚がたるんでしまうのは、年齢の影響だけではないんです。今や私たちの生活に欠かせないパソコンやスマートフォンも、目の下のたるみを引き起こす原因。これらの画面をじっと見続けると、どうしても目や眼筋を酷使することに……。お仕事で目を酷使することが多い方は特に、疲れ目や血行不良による目元のたるみを起こしかねません

疲れ目や血行不良が進み、目の下のたるみが現れた場合、温めるのが効果的です。目の下を温めるケア方法は簡単に疲れや血行不良を改善できて、たるみも目立ちにくくしてくれますよ。血行が滞ると老廃物が溜まり、濁った血液が停滞。目の下の皮膚は薄いため、それが透けて目立ってしまうんです。血液が透けて見えるとクマができたようになり、目の下を一層たるんで見せてしまいます

温めるケアで血行が促進できれば、皮膚や筋肉はリラックスしてほぐれ、目の下のクマも目立たなくなるはずです。さらに、蒸しタオルと冷やしタオルを30秒ずつ交互に当てると効果的。ケアし終わったら、乾燥を防ぐためにクリームなどを使ってしっかりと保湿をしておきましょう。

美顔器などでリフトアップ!

目の下がたるむのは、ハリが失われている証拠です。つまり肌のハリを取り戻すことこそが、目の下のたるみを改善する根本的な解決法。潤った若々しい肌を手に入れるため、美顔器を使ってリフトアップを行ったり、栄養面を見直したり、コラーゲンなど肌に良い成分を取り入れたり……私もいろいろと試してきました。同じお悩みを抱えている方は、参考にほかの記事もチェックしてみてくださいね。

メイクじゃ根本の解決にはならず・・・

誰だって、アラフォーになってもキレイでいたいもの。その一方、目元の印象が衰えただけで一気に老けて見えてしまいます。目の下のたるみを目立たなくするため、私自身アイメイクの研究を重ねてきました。その結果、アイライナーの色や種類、引き方を工夫することで、自然なのに若々しい目元を作ることができたんです!まぶたがたるむとアイメイクのよれも気になるので、アイシャドウの色選び、使い方にも注意ですね。

とはいえ、ここまで頑張ってみても、お化粧だけでは限界があります……。メイクで根本を解決するのは難しいので、日頃のケア美顔器の活用、ダメ押しでクリニックを利用するのも選択肢のひとつですよ。

>>びっくりするくらい目元がすっきりした私のアンチエイジング法

目の下たるみ・クマ手術の
オススメ美容外科クリニック
3選を発表!

  • セオリークリニック

    BEST3
    公式サイトを見る

    一人ひとりの悩みに、オーダーメイドな施術方法を提案してくれます。ノーダウンタイムで美しい仕上がりになるよう、院長である筒井医師が施術後もしっかりサポート。

  • 銀座みゆき通り美容外科

    BEST3
    公式サイトを見る

    結果にこだわるのはもちろんのこと、患者さんとのコミュニケーションや丁寧なサービスを心がけているのが特徴です。

  • オザキクリニック

    BEST3
    公式サイトを見る

    オザキクリニックはオリジナルのコスメサプリを独自開発。ホームケアにも力を入れているクリニックです。

目の下のたるみ解決 クリニックランキング目の下のたるみに悩む人集合!座談会レポ施術を受けたらどうなった!?