黒クマは疲れのサインかも

【番外編】目の下のくまの原因と解消法

目の下にできる黒クマの原因や、その解消法などを説明します。

黒クマができる原因

寝不足や、目の疲れが溜まった時、鏡を見ると黒いクマが!…こんな経験ありませんか。
この黒クマの正体は、涙袋の下の部分である目袋が、脂肪でふくらんでできた影です。

黒クマができる主な原因は、年齢とともに眼球の周りの靭帯、目の周りの筋肉や皮膚の力がなくなることで、支えきれなくなった下まぶたの脂肪が前に出てきてしまうからです。

他には、目まわりの脂肪の付き方が原因になったり、疲労による筋肉のゆるみやむくみが原因になったりすることがあるそうです。

逆に、目の下がくぼんでいる人は、目まわりの脂肪が減ることで、ますますくぼみが目立ってしまい、結果的にそれが影となってクマになることもあります。

「もしかして黒クマ?」と思ったら、膨らんだ目袋の部分を押してみましょう。
影が消えるのであれば黒クマに間違いありません。

黒クマは、光の角度やむくみによっては、より悪目立ちしてしまうこともあります。
黒クマに気づいたら、早めに対策をうちましょう。

黒クマの特徴や見分け方

青クマや茶クマは皮膚に色がついている状態を指しますが、黒クマは少し違います。皮膚が黒ずんでいるのではなく、目の下にできた影が原因で黒ずんで見えることを黒クマと呼んでいるのです。

黒クマは大きくわけて2種類あります。ひとつは目の下が膨らんで影ができているタイプで、老廃物の蓄積や目の下のふくらみである眼窩脂肪(がんかしぼう)の突出が原因。

ふたつめは目の下がくぼんで影ができているタイプで、主な原因は加齢によるものです。目の周りの筋力が低下したり皮膚に含まれるコラーゲン・ヒアルロン酸が減少したりすることでたるみやシワが生じ、目の下がくぼむ原因に。こうして黒クマができあがります。

黒クマの判別方法はいくつかあり、単に青と黒どちらのクマか調べる場合は指でクマ部分を下方向に軽く引っ張るだけでOKです。影が薄くなれば黒クマと判断できます。黒クマの中でもどちらのタイプか判別したいときには、見分け方にコツが。ペンや綿棒を使って目の下を押したときに黒い線が消える場合は、膨らんでいるタイプの黒クマ。鏡を見ながら顔を上に向けたときにクマが薄くなれば、くぼんでいるタイプの黒クマとなります。

目元はもっとも視線が集まりやすい場所。早い人だと20代後半、遅い人でも40代手前には目の周りに年齢を感じるそうです。 クマの種類を特定したら、それに合った解消法を心がけるかクリニックで力を借りるなどして改善を目指しましょう。

黒クマの効果的な解消法

黒クマは、すぐに消えてくれるものではありません
目まわりの筋肉を維持しなければならないので、継続して対策をすることが必要です。

また、今はまだ出ていなくても、目の下のくぼみやたるみ、シワが気になり始めた人は黒クマへの注意が必要です。
黒クマの対策・解消方法を以下にまとめてみました。

マッサージでむくみを解消しましょう

目袋のふくらみは、放っておけば増すばかりです。
日頃から顔がむくみがちな人は、毎晩、顔全体と目元を優しくマッサージしてあげましょう。
耳元や首に向けて、老廃物を押し流すようにマッサージするのがポイントです。

また、体全体の代謝も考えて、冷え対策や水分の摂り過ぎなどにも気を付けましょう。

表情筋を鍛えましょう

合わせて鍛えたいのが表情筋。
使わなければ衰えてしまうので、マッサージと合わせて、口元や目元の表情筋をほぐす体操をしましょう。
頬が引き締まる効果もあるので、顔全体のリフトアップ効果にもつながります。

保湿も忘れずに

皮膚が薄い目元の乾燥も老化の原因になりますので、しっかり保湿を心がけましょう。
目元専用のパックで潤いを与えてあげるのも効果的です。ハリを取り戻すことでシワ対策にもなります。

毎日のお手入れで目元を意識していくことが大切。今日からぜひ試してみてください。

メイクでの隠し方

くっきりとできてしまった黒クマをすぐに解消することは難しいものです。人目が気になってついついうつむいてしまうことも…。そんなときは、コンシーラーを使ったメイクでカバーしましょう。

使用するコンシーラーは薄い黒クマの場合、パールが配合されたリキッドタイプがおすすめ。目元を明るくすることを意識して、ベージュやオークル系を選びましょう。イエロー系はNG。カバーどころか黒クマが目立ってしまいます。濃い黒クマの場合、コンシーラーのみでカバーするのは至難の業。他にポイントを置いたメイクをして、目元以外に視線が集まるように工夫しましょう。例えば口元にリップライナーで輪郭をとったあとに口紅を塗ると、唇の印象が際立ちます。リップグロスでツヤ感をだすのもおすすめ。ほかにも、アイラインをやや濃くする、ふんわりとチーク入れるなど「視線誘導テク」を意識してみてください。

注意点として、コンシーラーの重ね塗りは避けましょう。かえって黒クマが目立つこともあれば、目の下だけ厚塗りになって老けて見えるデメリットが考えられます。

手っ取り早く黒クマを本気で治したいなら

マッサージや表情筋を鍛えるなど効果的な解消法がいくつか考えられているものの、これらは継続して取り組むことで徐々に黒クマを解消する方法です。「すぐにどうにかしたい!」と思う場合は、メイクでのカバーを頼りにする人も多いでしょう。ですが、メイクで隠すのは解消ではなく一時しのぎのごまかしに過ぎません。黒クマそのものを治さない限り、常に時間をかけてカバーしたり、まめにメイク用品を買いそろえたりする必要があります。

本気で黒クマをどうにかしたいなら、隠すことにあれこれ思考を凝らすよりも悩みの種自体を解消するのがおすすめ。美容クリニックで治療を受ければ、悩みがスッキリしますよ。特に黒クマは2タイプあるので、きちんと状態を診てもらうのがおすすめ。眼窩脂肪の突出を取り除く「脱脂術」を受けたほうがいいケースや、反対に適度な膨らみをつくってあげるパターンもあります。特に眼窩脂肪の突出で起こる黒クマにとって、脱脂術は有効な治療法。近年では医療の発展がめざましいことから、術後の腫れを抑えるノーダウンタイムを実現しているクリニックや傷口の見えない手術を得意とするクリニックもあります。手強い黒クマを改善するために、一度相談してみてはいかがでしょうか。

目の下たるみ手術のオススメ
美容外科クリニックBEST5を発表!

  • セオリークリニック

    BEST1
    公式サイトを見る

    一人ひとりの悩みに、オーダーメイドな施術方法を提案してくれます。ノーダウンタイムで美しい仕上がりになるよう、院長である筒井医師が施術後もしっかりサポート。

  • 聖心美容クリニック

    BEST2
    公式サイトを見る

    総合的な美容医療を目指したいと、名前を「聖心美容外科」から「聖心美容クリニック」へ。メールや電話での相談、カウンセリングは無料でおこなっています。

  • 銀座みゆき通り美容外科

    BEST3
    公式サイトを見る

    結果にこだわるのはもちろんのこと、患者さんとのコミュニケーションや丁寧なサービスを心がけているのが特徴です。

  • SOグレイスクリニック

    BEST4
    公式サイトを見る

    脳外科医の知見を活かした治療に定評があるクリニック。全国から患者が来るほどの評判の高さです。

  • 東京イセアクリニック

    BEST5
    公式サイトを見る

    クリニックコンセプトは、患者様のためになることは何なのかを考えて行動すること。マニュアルではなく、常に最適なサービスや治療法を考えています。

私が選んだ目の下のたるみ取りクリニックBEST5
目の下のたるみ解決 クリニックランキング目の下のたるみに悩む人集合!座談会レポ施術を受けたらどうなった!?