色素が原因の茶クマ

【番外編】目の下のくまの原因と解消法

茶クマの症状や原因、解消法などを説明します。

茶クマができる原因

様々な角度から顔を見ても、目の下が茶色っぽく見えたり、目まわり全体が何となく茶色っぽい、または黒っぽく見えたりしている症状があれば、それは茶クマかもしれません。

クマというと、目の下が青や黒っぽくなるイメージが強いですが、このように目の周りが茶色くなるタイプのクマもあるんですよ。

そしてこのタイプは、疲れた時に現れたり、目袋が膨らんだりはしないので、クマだとは気づかずに過ごしている人が多いようです。

茶クマの主な原因は、色素が沈着することと考えられています。
紫外線のダメージや、目まわりを強くマッサージしすぎたり、洗顔やメイク落としの時に強くこすりすぎたり…

また、目まわりをこすってしまうクセがあるひとも注意が必要です。
その摩擦が色素の沈着に繋がることもあります。

また茶クマは、色が変わって見えている範囲が比較的広いため、それを隠そうとして、アイメイクを濃くしたり、ファンデーションを厚く塗ったりしてしまう人が多いですが、それでは肌に負担をかけるばかりです。

茶クマを解消するには、沈着した色素を取り除いていかなければならないので、どうしても時間がかかってしまいますが、根気強く解消していきましょう。

茶クマの効果的な解消法

茶クマはすぐには解消できませんが、日々の生活習慣の中で簡単に解消・対策できる方法があります。

洗顔とマッサージは優しく

色素の沈着は摩擦が原因となるので、洗顔やメイク落としは優しく洗い流すように心がけて下さい。

また、目まわりのマッサージを頑張るのは大切ですが、そもそも目まわりの皮膚は、とっても柔らかい部分なので、揉むというよりも、できるだけやさしくおさえるように行いましょう。

潤いを保とう

目元の乾燥は、古い角質がターンオーバーを妨げて色素沈着を招きます。
また乾燥が進むと、くすみを目立たせてしまう原因にもなってしまいます。

保湿クリームなどで、常に目まわりの保湿を行うことを心がけましょう。
潤いを保つことで、肌にハリも戻ってくるので、より綺麗な目もとを目指せます。

紫外線対策は年中無休

もちろん基本中の基本、紫外線対策もお忘れなく。
UVケアは夏だけでなく、一年を通してしっかり行いましょう。

目の下たるみ手術のオススメ
美容外科クリニックBEST3を発表!

  • セオリークリニック

    BEST1
    公式サイトを見る

    一人ひとりの悩みに、オーダーメイドな施術方法を提案してくれます。ノーダウンタイムで美しい仕上がりになるよう、院長である筒井医師が施術後もしっかりサポート。

  • 東京イセアクリニック

    BEST2
    公式サイトを見る

    院長の吉種医師は、美容外科医として25年の経歴を持ち、多くの患者が信頼を寄せています。イチオシな施術方法は、トラコンハムラ法。

  • 聖心美容クリニック

    BEST3
    公式サイトを見る

    総合的な美容医療を目指したいと、名前を「聖心美容外科」から「聖心美容クリニック」へ。メールや電話での相談、カウンセリングは無料でおこなっています。

私が選んだ目の下のたるみ取りクリニックBEST3
目の下のたるみ解決 クリニックランキング目の下のたるみに悩む人集合!座談会レポ施術を受けたらどうなった!?