色素が原因の茶クマ

【番外編】目の下のくまの原因と解消法

茶クマの症状や原因、解消法などを説明します。

茶クマができる原因

様々な角度から顔を見ても、目の下が茶色っぽく見えたり、目まわり全体が何となく茶色っぽい、または黒っぽく見えたりしている症状があれば、それは茶クマかもしれません。

クマというと、目の下が青や黒っぽくなるイメージが強いですが、このように目の周りが茶色くなるタイプのクマもあるんですよ。

そしてこのタイプは、疲れた時に現れたり、目袋が膨らんだりはしないので、クマだとは気づかずに過ごしている人が多いようです。

茶クマの主な原因は、色素が沈着することと考えられています。
紫外線のダメージや、目まわりを強くマッサージしすぎたり、洗顔やメイク落としの時に強くこすりすぎたり…

また、目まわりをこすってしまうクセがあるひとも注意が必要です。
その摩擦が色素の沈着に繋がることもあります。

また茶クマは、色が変わって見えている範囲が比較的広いため、それを隠そうとして、アイメイクを濃くしたり、ファンデーションを厚く塗ったりしてしまう人が多いですが、それでは肌に負担をかけるばかりです。

茶クマを解消するには、沈着した色素を取り除いていかなければならないので、どうしても時間がかかってしまいますが、根気強く解消していきましょう。

茶クマの特徴と見分け方

目元周辺の皮膚が黄色がかっていたり、茶色くくすんで見えたりする茶クマ。色素が沈着していることが原因と言われ、体調の良い・悪いに関係なく常にクマが確認できます。顔全体を見るとくすみはないものの、目元部分だけ茶色に見えるのが特徴です。目元は体の中でも特に皮膚が薄く、デリケートな場所。紫外線を受けて傷んだ皮膚のケアを怠ったり、目元を擦って肌にストレスを与えたりすることが色素沈着につながるのです。花粉症が原因で目にかゆみが生じる場合は要注意。目薬の使用や医師に相談するなど、なんらかの対策が必要です。

茶クマを見分ける方法はいくつかあります。もっとも簡単なのは、目の下を引っ張る方法。茶クマの場合は皮膚に色素が染みついているので、引っ張っても薄くなることはありません。鏡を見ながら上を向いたときにクマが目立っている場合も茶クマの可能性が高いです。また茶クマはファンデーションを塗ると目立たなくなる特徴があるので、見分ける方法のひとつとして普段のメイクのついでに確認してみましょう。

クマにはいくつか種類があるので、まずは自分がどのタイプに該当するのか知ることが大切です。タイプによって効果的な解消方法は異なります。判別が難しいときは美容クリニックできちんと診断を受けるのが確実です。

茶クマの効果的な解消法

茶クマはすぐには解消できませんが、日々の生活習慣の中で簡単に解消・対策できる方法があります。

洗顔とマッサージは優しく

色素の沈着は摩擦が原因となるので、洗顔やメイク落としは優しく洗い流すように心がけて下さい。

また、目まわりのマッサージを頑張るのは大切ですが、そもそも目まわりの皮膚は、とっても柔らかい部分なので、揉むというよりも、できるだけやさしくおさえるように行いましょう。

潤いを保とう

目元の乾燥は、古い角質がターンオーバーを妨げて色素沈着を招きます。
また乾燥が進むと、くすみを目立たせてしまう原因にもなってしまいます。

保湿クリームなどで、常に目まわりの保湿を行うことを心がけましょう。
潤いを保つことで、肌にハリも戻ってくるので、より綺麗な目もとを目指せます。

紫外線対策は年中無休

もちろん基本中の基本、紫外線対策もお忘れなく。
UVケアは夏だけでなく、一年を通してしっかり行いましょう。

メイクでの隠し方

茶クマの改善に効果的な方法があるとはいえ、どれも即効性はないと言えます。すぐにカバーするにはメイクで隠すのがベスト。茶クマに限らず、クマを隠すにはコンシーラー使いがカギとなります。クマの種類によって色に相性の良し悪しがあるので、アイテム選びは慎重に。
茶クマにおすすめのコンシーラーは「イエロー系」です。コンシーラーは基本的にカラー別での販売はありません。イエロー系が見つからない場合は、自分の肌より明るすぎない色を目安に選びましょう。明るすぎるものだと茶クマの部分だけ色が変わり、かえって目立つ可能性があるのでNGです。
コンシーラーを塗る際のポイントは、厚塗りしないこと。クマの周りに適量をのせたら、優しくなじませましょう。おすすめはリキッドまたは筆ペンタイプ。皮膚の擦りを抑えられるのでおすすめです。またコンシーラーは使用するファンデーションによって順番が異なります。
パウダーファンデーションを使う場合は、コンシーラーが先です。リキッドタイプのファンデーションなら、コンシーラーは後になります。順番はメイクの仕上がりに大きく関係するので、忘れずに。

最後に、メイクでうまく隠せたからといって気を抜いてはいけません。クレンジングも同じぐらい大切にしましょう。おすすめはアイメイク専用リムーバーを使用すること。摩擦を避けて、コットンや綿棒を使って優しく拭き取りましょう。

手っ取り早く茶クマを治したいなら

日常生活において目の周りをこすらないようにすることや保湿に力を入れることで、茶クマは少しずつ改善されていきます。ですが、時間をかけて解消することはできても即効性には欠けるもの。
一時だけでも隠せたらOK!という方なら、メイクで十分ですが、メイクは「改善」ではありません。茶クマそのものを治さない限りは、メイクアイテムを揃えるための出費が重なり、茶クマを隠すためメイクにかける時間も長くなってしまいます。

一番良いのは、美容クリニックに相談して最適な治療を受けることです。赤クマや黒クマの場合は主に「脱脂術」、茶クマの場合は「レーザー」など、タイプによって効果が期待できる改善方法は異なります。
医師に症状を見てもらえば適切な治療で効率よく茶クマが解消できるほか、一人ひとりに合った正しいケアについても指導を受けられるでしょう。クリニックによっては術後の腫れを抑えるノーダウンタイムを実現しているクリニックもあります。クマやたるみの治療を専門としているなら、より高い効果を期待できるはずです。評判を確認しつつ、信頼できるクリニックを見つけてみましょう。

目の下たるみ・クマ手術の
オススメ美容外科クリニック
BEST5を発表!

  • セオリークリニック

    BEST1
    公式サイトを見る

    一人ひとりの悩みに、オーダーメイドな施術方法を提案してくれます。ノーダウンタイムで美しい仕上がりになるよう、院長である筒井医師が施術後もしっかりサポート。

  • 聖心美容クリニック

    BEST2
    公式サイトを見る

    総合的な美容医療を目指したいと、名前を「聖心美容外科」から「聖心美容クリニック」へ。メールや電話での相談、カウンセリングは無料でおこなっています。

  • 銀座みゆき通り美容外科

    BEST3
    公式サイトを見る

    結果にこだわるのはもちろんのこと、患者さんとのコミュニケーションや丁寧なサービスを心がけているのが特徴です。

  • SOグレイスクリニック

    BEST4
    公式サイトを見る

    脳外科医の知見を活かした治療に定評があるクリニック。全国から患者が来るほどの評判の高さです。

  • 東京イセアクリニック

    BEST5
    公式サイトを見る

    クリニックコンセプトは、患者様のためになることは何なのかを考えて行動すること。マニュアルではなく、常に最適なサービスや治療法を考えています。

目の下のたるみ解決 クリニックランキング目の下のたるみに悩む人集合!座談会レポ施術を受けたらどうなった!?