赤クマも油断は禁物

【番外編】目の下のくまの原因と解消法

赤クマの症状や原因、解消法などを説明します。

赤クマができる原因

仕事や電車の中、パソコンやスマホの画面を長時間見ていると、よく、目が乾燥したり、重く感じたりすることがあると思います。

また、指で引っ掻いてしまったわけでも、虫に刺されたわけでもないのに、目の下の部分がほんのりと赤く腫れたりすることはありませんか。

もし、その部分を指でそっと引き下げた時に、赤みがもっと濃くなるようであれば、それは赤クマかもしれせん。

これは、下まぶたの奥から脂肪が押し出されて、それを覆っている筋肉が皮膚の下に透けて見えている状態です。

原因は、年齢からくる皮膚のたるみ・目周りの血行不良・疲れなど。
血管がつまることで、赤みを帯びる場合もあります。

クマの症状の中では比較的軽いほうですが、そのままにしておくと肌のたるみが悪化する場合もあるので、解消するには早めのケアが必要です。

赤クマの効果的な解消法

赤クマは軽度の症状なので、気づいた時点ですぐにケアしていけば、クマを解消できます。
明日から簡単に出来る、赤クマの解消方法を紹介します。

目の負担を軽減しよう

主な原因は目の疲れなので、まず、パソコンやスマホの画面を長時間集中して見続けることは避けましょう。

仕事上避けられない場合には、例えばコンタクトではなく、専用メガネに変えるなどして、目の負担を減らすことも効果的です。

ホットタオルで目周りを温めよう

夜寝る前5分間、温かい蒸しタオルを目の上にのせます。
皮膚が薄いので、温度が高すぎないように注意して下さい。
温めた後、軽く目周りを指で押してマッサージすると、より効果的です。

毎日続けることで、目の疲れがとれるとともに、目周りの筋肉もほぐれてきます。
ハリも出てくるので、目元の若返り効果も期待できますね。

ビタミンkを摂取しよう

毛細血管内の血液が拡張するのを抑える働きがある、ビタミンK。
これをしっかり摂ることで、顔全体の赤みが抑えられます。
ビタミンKを含む食べ物は、海藻類やシソ、パセリ、ひき割り納豆などがあります。

目の下たるみ手術のオススメ
美容外科クリニックBEST3を発表!

  • セオリークリニック

    BEST1
    公式サイトを見る

    一人ひとりの悩みに、オーダーメイドな施術方法を提案してくれます。ノーダウンタイムで美しい仕上がりになるよう、院長である筒井医師が施術後もしっかりサポート。

  • 東京イセアクリニック

    BEST2
    公式サイトを見る

    院長の吉種医師は、美容外科医として25年の経歴を持ち、多くの患者が信頼を寄せています。イチオシな施術方法は、トラコンハムラ法。

  • 聖心美容クリニック

    BEST3
    公式サイトを見る

    総合的な美容医療を目指したいと、名前を「聖心美容外科」から「聖心美容クリニック」へ。メールや電話での相談、カウンセリングは無料でおこなっています。

私が選んだ目の下のたるみ取りクリニックBEST3
目の下のたるみ解決 クリニックランキング目の下のたるみに悩む人集合!座談会レポ施術を受けたらどうなった!?