脱脂法

美容外科の目の下のたるみ治療まとめ

下まぶたのふくらみを取りたいけど、術後の傷跡が目立つのはちょっと…という方向けの手術法「経結膜脱脂法」についてご紹介します。

周囲にバレにくい経結膜脱脂法(下眼瞼脱脂法)

目の下にある大きなふくらみは、中にある眼窩脂肪が原因です。その脂肪を、顔の表面からではなく、下まぶたの裏側からメスを入れて取り除いていく方法を経結膜脱脂法、または下眼瞼脱脂法といいます。

この方法は、一般的なメスを使用する場合とレーザーメスを使用する場合があり、レーザーメスの場合は切開と止血を同時にできるため、ほとんど出血はありません。

まずは、眼球にレーザーが当たらないよう保護した上で、レーザーメスで結膜を切開します。その開いた部分から脂肪を引っ張り出し、余分な量を切除するというのが、経結膜脱脂法の大まかな流れです。

ふくらんでいる部分の脂肪を取ることで肌の表面がフラットになります。凹みによってできていたクマやたるみも改善されるので、老けた印象から脱却できるでしょう。

脱脂というからには、脂肪をすべて取る手術なのだろうと考えていらっしゃる方もいるかもしれません。しかしそうではなく、肌の表面がフラットになるまで脂肪を減らした状態のことを指します。

経結膜脱脂法を行う際にもっとも重要となるポイントは、ふくらんでいる部分が薄くなることはあっても、もともと凹んでいる部分はふくらまないという点。
脂肪により出っ張っている部分を低い位置に合わせ、自然な仕上がりになるよう施術を行っていきます。

メリット

脂肪によりできたふくらみ(目袋)を取り除くことによって、たるみやクマの改善に効果を発揮します。老けた印象から若々しい印象へと変化し、スッキリした目元へ。

切開法のように外側の皮膚を切除せず、裏側からメスを入れるため、傷跡が目立たないというメリットもあります。外側の皮膚には傷がつかないので、翌日から洗顔やメイクも可能です。

デメリット

皮膚を切除しないため、脂肪を取り除いた際に皮膚の余りが多い場合は、シワが目立ってしまう恐れがあります。特に、加齢によってちりめんジワがある方は、余計に目立つようになる場合も…。皮膚の切除は可能ですが、そうすると傷跡が残ってしまうこともあります。

また、脂肪を取りすぎると凹んだように見えてしまったり、脂肪を取り除いた部分に残っている脂肪が移動して再発したりする場合もあるので注意が必要です。

経結膜脱脂法が向いている方

・目の下と頬の境目に大きな凹みがない方
・目の下のたるみが軽度な方
・凹みによる影クマがある方

より効果を得るには?

経結膜脱脂法のみでキレイになる方もいれば、複数の治療方法を行うことによってキレイになる方もいます。デメリットとされる「シワが目立つ」「凹んだように見える」といった状態が避けられない場合は、裏ハムラ法をプラスしたり脂肪注入を行ったりします。
また、症状によってはヒアルロン酸やグロスファクターなどをプラスすることも。

自分ではなかなか判断できないので、まずは術前の診察で、本当に自分に合った治療法なのかを細かく確認するようにしましょう。

目の下たるみ手術のオススメ
美容外科クリニックBEST3を発表!

  • セオリークリニック

    BEST1
    公式サイトを見る

    一人ひとりの悩みに、オーダーメイドな施術方法を提案してくれます。ノーダウンタイムで美しい仕上がりになるよう、院長である筒井医師が施術後もしっかりサポート。

  • 東京イセアクリニック

    BEST2
    公式サイトを見る

    院長の吉種医師は、美容外科医として25年の経歴を持ち、多くの患者が信頼を寄せています。イチオシな施術方法は、トラコンハムラ法。

  • 聖心美容クリニック

    BEST3
    公式サイトを見る

    総合的な美容医療を目指したいと、名前を「聖心美容外科」から「聖心美容クリニック」へ。メールや電話での相談、カウンセリングは無料でおこなっています。

私が選んだ目の下のたるみ取りクリニックBEST3
目の下のたるみ解決 クリニックランキング目の下のたるみに悩む人集合!座談会レポ施術を受けたらどうなった!?