レーザー・高周波照射

美容外科の目の下のたるみ治療まとめ

光を照射して目の下のたるみやクマなどを治療する「レーザー・高周波照射」の施術についてご紹介します。

メスも注射も嫌な方に向いているレーザー・高周波照射

手術が怖い、切除されるのは傷跡が残りそう…とお悩みの方におすすめなのが、レーザー(高周波照射)です。メスだけでなく注射針も使用しないので、傷跡が残るという心配がありません。
たるみを改善しつつ、シミや茶クマに効果を発揮。メラニン色素の排出を促進したり生成されるのを抑えたりする働きを持ちます。

▼サーマクール

切らないフェイスリフトとして使用される「サーマクール」。目元専用のチップを付けることによって、目の下のたるみなどに対応することができるようになりました。
加齢によって「昔より目が小さくなった」「実年齢より老けて見られる」というような、たるみが原因の悩みに対応が可能です。

▼ヤグレーザー

コラーゲンを生成する細胞にレーザーを照射することで、活性化させ量を増やします。たるみ部分にハリや弾力が出てくるため、クマの原因となる血管の色などを目立ちにくくさせる効果も。
血流が滞っている部分も、毛細血管を刺激して増やすことで、血流量も増加し血行がよくなるとされています。

▼レーザートーニング

主に、シミや肝斑などの改善に利用される施術です。肝斑はレーザーを照射すると悪化させてしまう可能性がありましたが、レーザー治療を可能にしたのがレーザートーニングとされています。低出力なので、肌への負担も少ないのが特徴。くすみや毛穴の開きにも対応しており、メラニンの色素沈着によって発生していたクマを改善できます。

▼ライムライト

IPL光治療とも呼ばれるライムライトは、シミやくすみ、クマ、にきび治療など、多くの肌トラブルに効果を発揮します。従来の機器は欧米のメラニンが少ない白人向けに作られたものなので、日本人には合わないこともありました。しかし、ライムライトは日本人に合わせて作られた機器で、メラニンが多い方でも効果を実感することができるといわれています。

▼スキンタイトニング

赤外線のIRと高周波のRFを同時に当てることにより、新たなコラーゲンを生んで、リフトアップできる施術法。複数回、継続して施術を受ければ、自然にコラーゲンが増えるようになり、長期間の効果に期待度アップです。

▼ギャラクシーポラリス

定期的に複数回、真皮層に電気エネルギーを集中して当てることで、深部の細胞を破壊。コラーゲンの生成を促進するのが目的のマシンです。 肌が引き締まり、ハリが再生。しわやたるみの改善が見込めるメリットがあります。

▼フラクショナルCO2

皮膚に小さな穴を開けるレーザーを用いて、細胞分裂を活性化します。皮膚が再生することにより、肌にハリが戻ってくるのが特徴です。特に向いているのは、紫外線や乾燥のダメージを受けた肌。ザラザラ肌からすべすべ肌に変身できるでしょう。

レーザー・高周波照射のメリット

▼サーマクール

施術を行ってから、3ヶ月~6ヶ月ほど効果が続きます。切除はしないため、メスを使用する方法よりも腫れや痛みがありません。また、ダウンタイムもほぼなく、仕事で休みが取りにくい方でも受けることができます。たるみにも効果があり、目の下や目尻のたるみ改善にも役立ちます。

▼ヤグレーザー

シミやそばかすだけでなく、アザの解消や入れ墨、アートメイクの除去に利用されることも。痛みが少ないアンチエイジングの治療法として注目されています。

▼レーザートーニング

通常のレーザーよりも肌への負担が軽いとされています。痛みやダウンタイムがないので、施術後すぐにメイクを行うことが可能です。
施術は短時間で終了するため、忙しい方でも気軽に受けることができます。

▼ライムライト

以前は肌に合わず強い痛みを感じた方も多いと思いますが、ライムライトは日本人の肌に合わせて開発されているので、痛みや刺激を軽減することができています。
さまざまな波長に変更することができるので、複数の肌トラブルに対応可能。数回に分けて施術を行うことで、徐々に効果を発揮します。

▼スキンタイトニング

真皮層全体を加熱することができ、効率よくリフトアップすることが可能です。施術直後に効果を実感しやすく、痛みが少ないのも魅力的。引き締めより引き上げを望んでいる方、レーザーの痛みが心配な方には、おすすめのマシンです。

▼ギャラクシーポラリス

皮膚の温度が適切に保たれる機能があり、ダウンタイムがないのが特徴です。2週間~3ヵ月ほどで徐々に肌が良い状態になってくることから、不自然に見えることなく悩みを改善。目の下のたるみを効果的に軽減できるでしょう。

▼フラクショナルCO2

紫外線や乾燥によって傷んだ肌を再生できるのが最大のメリットです。1回で肌の10~15%が再生し、毛穴の開きや美白、くすみ、小じわ、ニキビ跡など幅広く対応可能。施術後の赤みや痛みが出にくいのもメリットです。

レーザー・高周波照射のデメリット

▼サーマクール

切除する施術よりも効果を感じにくいといわれています。また、長期間効果を継続することができないため、定期的に施術を受ける必要があります。肌が弱い方はやけどのような痛みを感じたり痕が残ってしまったりすることも…。

▼ヤグレーザー

やけどのような症状が出てしまうことがあります。レーザーを照射した後は、紫外線対策を徹底することが大切です。ダウンタイムは1週間前後で、人によっては痛みがある場合も…。なるべく、まとまった休みがあるとよいかもしれません。

▼レーザートーニング

初回では大きな変化を感じられないこともあり、4~5回など、複数回の施術が必要となります。施術後に痛みを感じたり肌が赤みを帯びたりする恐れも。メイクは当日から可能ですが、痛みなど症状が強い場合は行わず、引いてくるのを待ちましょう。

▼ライムライト

肌の弱い方でも特に大きなデメリットはありませんが、稀に炎症が起きたり赤みが出たりする方もいらっしゃるようです。また、1回で劇的な変化を得ることが難しいというデメリットがあります。

▼スキンタイトニング

レーザーの照射による痛みやダウンタイムが少ない一方で、照射時間が長くかかるのが特徴。1回の治療後すぐに効果を実感しやすいものの、複数回の治療を受けたほうが継続効果を得やすいのも事実です。

▼ギャラクシーポラリス

月1回など定期的な照射が必要ですが、複数回の施術によって理想的な効果を望めるのが特徴です。お肌を引き締めるためのマシンであり、目の下のたるみ改善は二次的な効果と考えておくのが正解。レーザー照射時間は、30分ほどと長めです。

▼フラクショナルCO2

複数回の施術が1クールとなっていることが多く、1回だけの照射では完全な効果を実感しにくいのが難点。施術後に赤みや皮膚のザラつきが出ることがあり、解消までに数日間かかるのもデメリット。メイクがOKになるのは、施術後1日経過してからです。

レーザー・高周波照射が向いている方

・目元のたるみが気になる方
・クマ、シミ、そばかすなどを改善したい方
・ダウンタイムがない治療を求めている方
・皮膚を切るような治療に抵抗がある方

より効果を得るには?

レーザーによる施術は体への負担が少ないので、切る施術を行うよりも気軽に受けることができます。しかし、切除する施術と比較すると効果が薄い、効果があまり感じられないということも。

効果を実感するには、定期的にレーザー治療を受けることをおすすめします。
もっと高い効果を得たいと考えるなら、「下眼瞼切開法」や「ハムラ法」、「裏ハムラ法」などの切る施術や、突出した余分な脂肪を取り除く「経結膜脱脂法」といった表面の皮膚を切らない施術を受けるようにしましょう。

コンテンツ一覧

目の下たるみ手術のオススメ
美容外科クリニックBEST5を発表!

  • セオリークリニック

    BEST1
    公式サイトを見る

    一人ひとりの悩みに、オーダーメイドな施術方法を提案してくれます。ノーダウンタイムで美しい仕上がりになるよう、院長である筒井医師が施術後もしっかりサポート。

  • 聖心美容クリニック

    BEST2
    公式サイトを見る

    総合的な美容医療を目指したいと、名前を「聖心美容外科」から「聖心美容クリニック」へ。メールや電話での相談、カウンセリングは無料でおこなっています。

  • 銀座みゆき通り美容外科

    BEST3
    公式サイトを見る

    結果にこだわるのはもちろんのこと、患者さんとのコミュニケーションや丁寧なサービスを心がけているのが特徴です。

  • SOグレイスクリニック

    BEST4
    公式サイトを見る

    脳外科医の知見を活かした治療に定評があるクリニック。全国から患者が来るほどの評判の高さです。

  • 東京イセアクリニック

    BEST5
    公式サイトを見る

    クリニックコンセプトは、患者様のためになることは何なのかを考えて行動すること。マニュアルではなく、常に最適なサービスや治療法を考えています。

私が選んだ目の下のたるみ取りクリニックBEST5
目の下のたるみ解決 クリニックランキング目の下のたるみに悩む人集合!座談会レポ施術を受けたらどうなった!?