サーマクール

美容外科の目の下のたるみ治療まとめ

目の下のたるみを切らずに改善させるサーマクールについて、メリットやデメリットなどをまとめました。

「切らないリフトアップ」としてメジャーな治療法

サーマクールとは、ラジオ波(高周波RF)を肌に照射することによって、メスを使わずに肌を引き締める話題の施術。すでに国内では5万件以上の症例を数え、今や「切らないリフトアップ術」という別名も与えられるほどメジャーな治療法となっています。

サーマクールは肌の引き締めやリフトアップを狙った治療なので、反対に言えば、患者は肌のたるみに悩んでいる人たち。たるみの中には、もちろん「目の下のたるみ」も含まれます。 近年、「目の周囲のたるみ」の改善を目的にサーマクールを受けたいという患者が急増中です。そのニーズに応えるべく、眼球へのリスクを最小限に抑えた目の周囲のたるみ専用の「サーマクールアイ」が誕生しています。

サーマクールのメリット・デメリット

メリット

サーマクールの最大のメリットは、切らずに目の下のたるみを改善できるという点。従来、目の下のたるみはメスによる切開法のみで改善可能と考えられてきました。ところがサーマクールの登場によって、目の下のたるみを切らずに改善することが可能に。ダウンタイムもほとんどないので、仕事を休む必要もありません。メイクも洗顔も、施術を受けた直後から可能です。

また、サーマクールには顔のあらゆるたるみを改善する効果があるので、目の下のたるみと合わせて目の上のたるみや、目尻のたるみを改善させることも可能。目の周りから一気にたるみがなくなることから、見た目年齢はかなり若返ることでしょう。

さらに、サーマクールから照射されるラジオ波には、肌内部のコラーゲンの生成を促す働きがあります。目の周りのたるみを解消するだけでなく、コラーゲンの増加によって目の周りにハリとツヤが生まれるという点も大きなメリットでしょう。

デメリット

夢のようなたるみ治療装置サーマクールでも、いくつかのデメリットがあります。デメリットを承知のうえで治療に臨むようにしましょう。

第一のデメリットは、やがて効果が薄れていくということです。個人差もありますが、一般にサーマクールの効果の持続期間は3ヶ月~半年ほど。その後も効果をキープしたい人は、改めてサーマクールを受け直す必要があります。切る治療法の効果が半永久的であることを考えると、この持続期間の問題は大きなデメリットと言えます。

第二のデメリットは、どんなたるみでも効果を発揮するわけではないという点。重度のたるみの場合、効果をほとんど実感できない人もいるようです。サーマクールは、軽度のたるみを改善する治療法と心得ておいたほうが良さそうです。

第三のデメリットは、治療費が少々高額なこと。切る治療とほぼ同額の料金設定となっているクリニックもあるほどです。確実かつ半永久的な効果を望む人には、サーマクールはあまり向いてない治療法かも知れません。

サーマクールが向いている方

目の下のたるみが気になる方で、なおかつ症状が比較的軽度の方にサーマクールは向いているでしょう。ただ、たるみが重度か軽度かという点について素人が判断することはできないので、どのような状態であれ、一度クリニックで診察してもらうようにしたほうが良いでしょう。

また、メスを使う治療を避けたい方にも、サーマクールは向いています。近年の美容外科技術は飛躍的に向上しており、たとえ切開したとしても傷跡がほとんど目立たないことが多くなりました。しかしながら、メスを使う以上は、多少の傷跡が残ることを避けられません。他人には気づかれない程度の傷跡でも、本人は強く気になってしまうことがあります。傷跡を一切残したくない方は、サーマクールを検討してみても良いでしょう。

コンテンツ一覧

目の下たるみ・クマ手術の
オススメ美容外科クリニック
3選を発表!

  • セオリークリニック

    BEST3
    公式サイトを見る

    一人ひとりの悩みに、オーダーメイドな施術方法を提案してくれます。ノーダウンタイムで美しい仕上がりになるよう、院長である筒井医師が施術後もしっかりサポート。

  • 銀座みゆき通り美容外科

    BEST3
    公式サイトを見る

    結果にこだわるのはもちろんのこと、患者さんとのコミュニケーションや丁寧なサービスを心がけているのが特徴です。

  • オザキクリニック

    BEST3
    公式サイトを見る

    オザキクリニックはオリジナルのコスメサプリを独自開発。ホームケアにも力を入れているクリニックです。

目の下のたるみ解決 クリニックランキング目の下のたるみに悩む人集合!座談会レポ施術を受けたらどうなった!?