治療法・手術法

美容外科の目の下のたるみ治療まとめ

施術法は大きく分けて4種類

様々な美容外科のサイトをチェックしたり、本を読む中で知識を得ることが出来ました。
こんなに熱心に調べものをしたのは「大学以来かしら」ってほどに。

情報収集によってわかったのは、目の下のたるみをとる施術は、たるみの状態などにあわせ大きく分けて 4種類あるということでした。  

  • 下眼瞼切開(たるんだ皮膚と眼窩脂肪の切除)

・重度のたるみにはあまり効果はないが、術後の腫れが少なくて済む。

  • 下眼瞼除皺術(たるんだ皮膚と眼窩脂肪の切除・眼輪筋の吊り上げ)

・ 軽度から重度のたるみに対応。多少、術後に腫れや赤みが出る。

  • ハムラ法(たるんだ皮膚の切除、眼輪筋の吊り上げ、眼窩脂肪の固定)

・軽度から重度のたるみ、脂肪のふくらみ、深いシワなどをトータルに改善。
術後に腫れや赤みが出るが、眼窩脂肪の切除量が少ないことで 患部がへこむ心配はない。

  • 経結膜下脱脂法(下まぶたの裏側から眼窩脂肪を除去) 

・ 皮膚を切開しないので傷跡の心配がなく、腫れも少ない。現在、主流の施術法。

それぞれの施術のメリットやデメリットを簡単に紹介しましたが、施術する医師の技術や経験によって左右されることも多いようなので、カウンセリング時にしっかり話を聞くことが大切です。

その際、デメリットに関して一切言及しない医師は……あまり信用がおけないですよね。

その他の施術法

かなり軽度のたるみや、目の下のふくらみと下瞼の間にできた溝によって“たるんでいるように見える”人などのケースでは、外科的な施術以外の方法で対応できることもあるようです。

例えば、患部に特殊なレーザーを照射する方法、コラーゲンやヒアルロン酸を注入する方法、この2つを同時に行う方法があります。

特にレーザーによる治療は、メスを使わずに即効性が期待できる治療法として、最近注目されています。

その仕組みは、特殊なレーザーを肌に直接照射することによって、肌内部のコラーゲンやヒアルロン酸などの生成を促し、肌の生まれ変わり(ターンオーバー)を活発にさせるというもの。

目の下のたるみの原因の1つは、加齢や紫外線などの影響で、肌のコラーゲンやヒアルロン酸といった、潤い・ハリを保つ成分が減少してしまうことです。

レーザー治療は、皮膚の奥深くにあり、そうした潤い成分を生成している「真皮層」に刺激を与えて、皮膚の内側から潤いを取り戻すことができます。

目の下の皮膚そのものを新しくするため、即効性があり、効果も長く続くのだとか。
たるみだけでなく、目の下のクマに悩んでいる人にもおすすめです。

また、メスを使った外科的な施術と違って、痛みやダウンタイムが少なく、治療後は施術箇所に少し赤みがさす程度だそう。

外科的な施術には抵抗がある、顔に全くダメージを与えたくないと考える方は、医師と相談の上、このような施術法を選択するのもいいかもしれませんね。

目の下たるみ手術のオススメ
美容外科クリニックBEST3を発表!

  • セオリークリニック

    BEST1
    公式サイトを見る

    一人ひとりの悩みに、オーダーメイドな施術方法を提案してくれます。ノーダウンタイムで美しい仕上がりになるよう、院長である筒井医師が施術後もしっかりサポート。

  • 東京イセアクリニック

    BEST2
    公式サイトを見る

    院長の吉種医師は、美容外科医として25年の経歴を持ち、多くの患者が信頼を寄せています。イチオシな施術方法は、トラコンハムラ法。

  • 聖心美容クリニック

    BEST3
    公式サイトを見る

    総合的な美容医療を目指したいと、名前を「聖心美容外科」から「聖心美容クリニック」へ。メールや電話での相談、カウンセリングは無料でおこなっています。

私が選んだ目の下のたるみ取りクリニックBEST3
目の下のたるみ解決 クリニックランキング目の下のたるみに悩む人集合!座談会レポ施術を受けたらどうなった!?