目の下たるみ奮闘記 >  目の下たるみのお悩み別解決法 >  目の下のたるみをこっそり治療する方法

人に知られず、こっそり治療する方法

【悩み別】目の下たるみおすすめ治療法

気付かれずに目の下のたるみを治療するには?

目の下のたるみが気になるけど、治療した事を知られるのは恥ずかしい……そんな風にお悩みの方はいませんか? ここでは、近所の知り合いや友人にバレないように、こっそりと目の下のたるみを改善する方法をご紹介いたします。きちんと適切な治療方法を選べば、一緒に暮らす家族にだって悟られず、さりげなく目元の印象を変えることが可能なのです。

こっそりできる目の下たるみ治療の種類

  • 自宅でのセルフケア

    目の下のたるみの原因をしっかりと特定できていれば、自宅でのセルフケアで改善が見込めるケースもあります。たとえば顔全体に行うストレッチや、若返りのツボの刺激、市販の美顔器を使用するという方法もあります。うまくいけば、顔の筋肉や血行の状態が改善され、少しずつたるみを解消していけるかもしれません。

    こうした習慣を毎日の生活に取り入れていけば、方法によってはお金を一切かけずに若々しい目元を取り戻せるでしょう。

    この方法のデメリットとしては、効果が出るまでに時間がかかる点と、どの程度の改善が見込めるかが判らない点が挙げられます。「ダメ元でもいいから、とにかく自宅で治療したい」という方には良さそうですね。

    「自宅でできる目の下のたるみ改善」を詳しくチェック
  • クリニックでのケア

    クリニックでの治療と聞くと「なんだか怖そう」「そこまではしたくないかも……」と敬遠してしまう方も多いかと思います。しかし、大半のたるみ治療施術は腫れや施術跡といったダウンタイムもほとんどなく、施術自体も数時間で終わってしまうものがほとんど。大掛かりな手術も必要なく、最新の治療方法なら肌にメスを入れる必要もなく、自然な仕上がりを実現できるようになっています。

    もちろん自宅でのケアに比べればお金は掛かりますが、効果が持続する事、施術を受ければすぐに効果を得られるという点では、他の治療方法にはないメリットがあるのは確かです。

    また、治療後にはセルフケアに掛けていた時間や手間、コストから解放されることを考えると、トータルではお得な選択肢と言えるかもしれません。

    「美容整形で治療する目の下たるみ」を詳しくチェック
  • メイクでカバーする

    そもそも治療ではないので根本的な改善はできませんが、メイクによるカバーは一時的な対処法としては有効です。

    たとえば、マスカラやアイシャドウをしっかり塗って目元の印象を変えるだけで、目の下のたるみによる暗そうな印象や老けた印象を隠すことができます。もちろん手術などを受けるわけではないので、メイクを落とせば元通り。改善効果が残る事はありませんが、自分でケアできる手軽さと、その日のうちに隠せる即効性が強みと言えます。しっかりとカバーできていれば、隠したい相手の視線を目の下のたるみから逸らすことはできるはず。

    ただし、きっちりと隠すためにはメイクの時間も長くなってしまう上、そのメイク時間が確保できない場合には使えないという欠点があります。また、最適なメイク道具も買いそろえるのにもお金がかかるので、思ったよりも出費がかさんでしまう可能性も。

    「メイクでできる目の下のたるみカバー法」を詳しくチェック

こっそり治療する上で重視するべきポイント

  • 腫れ

    いくら即効性ある治療法だったとしても、顔が腫れるなどの症状が出てしまっては、治療を受けた事を悟られてしまうかもしれません。顔が腫れた状態で出勤したり、買い物に出かけて知り合い知り遭遇したり……なんていう状況も考えられるので、しっかりと考えておきたいポイントです。

    顔の腫れは、クリニック治療のダウンタイムに見られる症状で、もっとも一般的なものの一つと言えます。ただし、たるみ治療に関して言えば、あまり心配する必要はないかもしれません。前述のように、最近ではメスで肌を傷つける事のない治療法もありますし、施術範囲やダウンタイムも最小限で済むように配慮されています。最新の治療方法なら翌日にはメイクも可能なので、多少の腫れが出てもカバーできるそうです。

  • 治療跡

    クリニックで目の下のたるみ治療を受ける場合、注意したいのが「治療跡」の存在。肌にメスを入れる治療方法であれば、これは避けられない問題です。

    しかし、一口に目の下のたるみ治療と言っても、その施術方法はさまざま。たるみの原因やクリニックの設備などにより、多種多様なメニューが用意されています。

    ほとんどのクリニックでは、切った部分が目立たないように配慮しているはずですが、切ったからには跡は残るもの。どの部分をどのぐらい切って、どのぐらい跡が残るのか、事前にしっかりチェックしておく必要があります。

    誰にも知られずに目の下のたるみを解消するのであれば、最新の「切らない治療」を導入しているクリニックを選ぶようにしましょう。

  • くぼみ

    たるみの原因である脂肪を除去する「脱脂術」という治療を受けた場合、脂肪を多く取りすぎてしまった事が原因で、くぼみが生じてしまうケースがあります。せっかく目の下のたるみを解消したのに、治療前より見た目が悪くなってしまっては意味がありませんね。

    このリスクを回避するためには、適切な治療メニューとクリニックを選択することが重要です。たとえば、脱脂術を行った箇所に適量の脂肪を注入して形を整える治療方法であれば、脱脂術のくぼみリスクを回避できるだけなく、より自然な仕上がりにすることが可能です。

    また、施術に慣れているクリニックを選ぶことも大切なポイントです。当然、経験の多いクリニックであれば、くぼみなどのリスクを抑えるためのノウハウも充実しているはず。クリニックを選ぶ際には、そういった部分もチェックするようにしましょう。

  • 効果が出るまでの期間

    いくら跡が残らなかったとしても、あまり急激な変化があれば、治療したことを周囲に気付かれてしまうかもしれません。そういった点では、自宅でのケアであれば心配は少ないはず。

    しかし、それは裏を返せば「変化(改善)がほとんど出ていない」という見方もできます。いくら治療していることが周囲にバレなかったとしても、その効果が微々たるものでは、労力やコストに見合わない可能性があります。

    その点、クリニックでの施術は受けたその日に効果を実感できますが、急激な変化が心配ですね。人が見てもすぐに気づかないような自然な仕上がりを目指すのであれば、目の下のたるみ治療に精通したクリニックを選ぶことが重要になってきます。

    クリニックで治療を受ける場合は、事前にしっかりと情報収集した上で、自分の要望を合ったところを選ぶようにしましょう。

治療をするタイミングは?

こっそり目の下たるみの治療を行う際、気を付けたいのはタイミングです。自宅でできるセルフケアであれば腫れ、痛みといったダウンタイムは発生しないため、基本的にいつ行っても問題ありません。

しかし、クリニックで治療を受ける場合は慎重に検討したいところです。施術時間自体は1~2時間程度で終わるものがほとんどで、空いた時間を使って治療を受けることも可能。しかし、治療を受けた事を人に知られないためには、ダウンタイム中に人に会わないことが一番です。たるみ治療におけるダウンタイムは施術内容によって違いがあるため、治療メニューごとに考えていきましょう。

  • 切らない脱脂術の場合

    目に見える部分の皮膚を切らない脱脂術、脱脂術+脂肪注入などの治療を受けた場合、腫れが2~3日程度生じる可能性があります。とは言え、腫れの程度は軽く、傷跡も残らないため、大抵はメイクで目立たないようにカバーできます。稀に内出血が起きることもありますが、これもメイクで対処しましょう。

    メイクは施術の翌日から可能なので、基本的に治療後すぐに仕事、というタイミングでなければ問題ありません。心配な方は、3日以上の連休に受けると良いでしょう。

    施術時間:1~2時間

    治療相場:25万~70万円

  • ヒアルロン酸注入の場合

    ヒアルロン酸注入を受けた場合、腫れはほとんどありませんが、人によっては、1週間程度むくみが発生することがあります。稀に内出血が生じることもありますが、これはメイクでカバーしましょう。施術直後からメイクが可能なので、外出中の空いた時間を使って受けることもできます。

    大抵の場合は翌日から仕事をしても問題はありませんが、万が一のケースを想定するのであれば、1週間程度の連休を使って受けるのがおすすめです。

    施術時間の目安:1時間程度

    治療相場の目安:5~10万円

  • 脂肪注入の場合

    脂肪注入の場合、2~3日ほど軽い腫れが生じる場合があります。ただし、ごく軽度で済む場合がほとんどなので、翌日から仕事に行っても人にばれる可能性は低いはず。内出血が起きる場合もありますが、施術翌日からメイクができるので、カバーすることが可能です。

    大事をとるのであれば、3日以上の連休を使って受けると良いでしょう。

    施術時間の目安:1時間程度

    治療相場の目安:20万~40万円

  • レーザー治療の場合

    レーザー治療はダウンタイムがほとんどなく、施術直後からメイクができるため、それほどタイミングを気にせず治療を受けられます。しかし、肌が敏感な人の場合、レーザーの種類によっては腫れや赤みが生じることもあります。とは言え、その程度は軽いことが多いので、大抵はメイクで隠せるはずです。

    ただし、万が一レーザー照射によってヤケド、かぶれなどの副作用が出てしまった場合は、この限りではありません。滅多に起きることではありませんが、心配な方は事前にしっかり相談しておきましょう。

    施術時間:30分~1時間

    治療相場:2万~5万円

一番知られたくない相手は誰なのか?

一番知られたくない相手は誰なのか、についても考えてみましょう。その相手としばらく会わないタイミングで治療を受ければ、少しくらいの見た目の変化は気付かれにくいものです。

仕事をしている方であれば、ほぼ勤務先の同僚とは毎日顔を合わせることになります。目の下たるみ治療の事を同僚に知られたくないのであれば、夏季・冬季の長期休暇やゴールデウィークを狙って治療を受けるのが良いでしょう。

相手との親密さにもよりますが、久々に会った同僚の目の下のたるみが無くなっていても「ダイエットに成功したのかな?連休前より体調が良さそうだな」と思われるくらいで済む可能性は高いと言えます。

一緒に暮らす家族に内緒で、となると難易度は高くなりますが、あえて改善の程度を抑えて、徐々に改善していくという方法もあります。

また、目の下のたるみ以外にも見た目に変化があれば、より一層気付かれる可能性は抑えられます。たとえば髪型を変えたり、ダイエットを成功させたり、というタイミングで治療を受けることができれば、その影響で印象が変わったのだと感じさせることができるはずです。

治療を受けた後、それを知られたくない相手とは何日くらい会わない期間がとれるのか?相手との親密さや距離感はどの程度なのか?といったことを考慮し、しっかりと計画を立てておくのが、こっそり目の下たるみを治す秘訣です。

目の下たるみ・クマ手術の
オススメ美容外科クリニック
3選を発表!

  • セオリークリニック

    BEST3
    公式サイトを見る

    一人ひとりの悩みに、オーダーメイドな施術方法を提案してくれます。ノーダウンタイムで美しい仕上がりになるよう、院長である筒井医師が施術後もしっかりサポート。

  • 銀座みゆき通り美容外科

    BEST3
    公式サイトを見る

    結果にこだわるのはもちろんのこと、患者さんとのコミュニケーションや丁寧なサービスを心がけているのが特徴です。

  • オザキクリニック

    BEST3
    公式サイトを見る

    オザキクリニックはオリジナルのコスメサプリを独自開発。ホームケアにも力を入れているクリニックです。

目の下のたるみ解決 クリニックランキング目の下のたるみに悩む人集合!座談会レポ施術を受けたらどうなった!?